くもりーBlog's

貯金体質をテーマにしてます。建売住宅ですが一括で購入することができました。暮らしのお金と、暮らしのおすすめなことを雑記で書いてます。プチ節約で貯金体質になりましょう(^-^*)

宇宙葬(自然葬)の時代になりました。

こんにちは、
いつ頃から、あったのかわかりませんが、宇宙葬なるものを、調べてみました。

宇宙葬は、ありです( ゚ε゚ )

コンセプトは、宇宙へ旅たち、地上から故人を思い出すみたいですね。

では、お値段を見てみましょう。

+ 宇宙飛行プラン   ¥450000-

+ 人口衛生プラン   ¥950000-
+ 月旅行プラン    ¥2500000-
+ 宇宙探険プラン   ¥2500000-
これは、宇宙葬専門の葬儀屋さんの価格です。

この値段には、驚きましたが、月に旅行に行ける時代なのでありなのでしょう。

でも、「高すぎるよ~」

ありました。

もう少し、リーズナブル価格になりますと、バルーン宇宙葬なるものが、あります。
こちらは、名前のとうり、風船で宇宙へ旅立ちます。
巨大バルーンが、高度40km~50kmの成層圏まで、道案内をしてくれます。

基本葬送費用   ¥240000-
オプション 
◎動画撮影
◎ドローン撮影
また、ペットと一緒になど可能です。
こちらは、メデイアから取材をされているようですね。


どのような方が、申し込むのか興味があるところです。宇宙関係のお仕事をなさってた方でしょうか。
ちなみに私は、自然葬と名のつくものは、海洋散骨しか知りませんでした。


宇宙葬は、1997年にスペイン領カナリア諸島で空中発射型ロケットで行われました。日本での宇宙葬は、ここ数年前から葬儀屋さんが提案されてるようです。


また、自然葬の歴史は、1990年、岩手県の一関市・祥雲寺で実施されました。自然回帰の考え方や、後継を必要としないとされ注目されたそうです。特に首都圏を中心とした都市部での関心が高く、後に全国的に広がりました。時を同じく、海洋散骨も、1990年に始まりました。


これからの時代は、お墓を持たないという考えかたが、増えるかもしれません。

もし、子供たちが、距離のあるところに住まわれていたら、お墓参りも大変です。

仮に「死んでから一緒のお墓に入りたくないわ」という人も(私の母のことばです。)
「私は、宇宙葬がいいわ」と言えば、大義名分がたつわけで( ´ ▽ ` )ノ 



自然葬は、増えそうですね。私も注目していきたいです。