くもりーBlog's

貯金体質をテーマにしてます。建売住宅ですが一括で購入することができました。暮らしのお金と、暮らしのおすすめなことを雑記で書いてます。プチ節約で貯金体質になりましょう(^-^*)

年賀状を初めてアプリで注文してみました。年賀状の歴史は平安時代。

 紋付袴を着た猪のイラスト

皆さんは年賀状を どのようにして 作っていますか。 パソコンをバリバリやる人は、 印刷も自分でこなしてしまうのでは ないでしょうか。

 

私は、いつも12月ギリギリに写真屋さんなどに 注文に行きます。 これといって、 こだわりはないんですけどね。

 

一昔前は、 子供達の写真入り年賀状などを作り、写真を選ぶのが、とても楽しかった 記憶があります。 

ということで年賀状についてまとめてみました。 

 

年賀状アプリ

 

ある日、プレイストアで 年賀状の アプリが、あることに気づきました。 今年は、これでいこう。ということで、初めてアプリで年賀状を 作りました。

 

注文方法は、とても簡単。アプリをインストールして、後は必要事項を入力するだけ です。 メリットとしてデザインを、ゆっくり選べること。 これは嬉しいですよね。

 

夜、のんびりテレビを見ながら、 家族と選べます。 もちろん、写真入りもできます。 写真入りをやる人の方が、 仕上がり画面を 吟味できるので、 楽しいかと思います。

 

また、 注文用紙だと 年賀状に入れる文字など、 おまかせみたいになりますよね。

入力する文字も、 定型文を書き換えたりできます。

 

色々とデザインをして仕上がり画面を見ながら、注文しました。しかし、意外と 文字が小さくなりました。

 

これは、携帯で見る仕上がり画面と、 実際の 仕上がりを 比べるのが、 ちょっと、難しいのです。

(私は、絵が素敵なので文字を小さくしました。二分割にしたら、文字が、小さくなるのも致し方ないのですが・・・)

 

アプリでやってみようかな。という方がいたら 過去にもらった 年賀状の 文字の大きさなどを 考えながら頼むと間違いないと思います。 

年賀状の意義

 

 

年賀状は、なぜ毎年送ると思いますか。 ふと考えてみたんですが、 やはり、ご無沙汰している お友達親戚に、疎遠にならない。 ということかと思います。

 

もし、1年以上会ってなかったとしても、 年賀状で 1年に1回のご挨拶。 これで 繋がりが持てます。 年に一回でも、 コミュニケーションを取れているということになりますよね 。

 

もう一つ。 やはり、これは日本人の習慣でしょう。 節目節目を大切にする、この気持ちは、 いい文化として あり続けて欲しいものです。

年賀状の歴史

 

年賀状の歴史はどうなんでしょう。実は・・・年賀状の歴史はとても古かったのです。 なんと、 平安時代までさかのぼります。

 

平安時代というと、貴族ですよね。詩として書いていたそうです。平安時代の貴族発祥ということになるのかな(゚д゚)

 

また、 親族の家を回って挨拶する、 年始回りの習慣もあったそうです。 大正時代あたりまで 、お正月は挨拶のために行き来する人で、多かったそうです。

 

これが、江戸時代になり、書状挨拶するということが、増えていきます。これが年賀状ですね。

まとめ

 

今では気軽に LINE などで Happy New Year と 来ますよね。 年賀状でなくても、久しぶりの友人から、ラインで新年のご挨拶がきたら、嬉しいですよね。

 

年賀状は、枚数を かかない人ほど、注文すると、割高になってしまうので、SNS などで、ご挨拶m(._.)mという形になるのかな。と思います。

 

 アプリで発注した年賀状は、次の日に 届きました。ということは ギリギリでも間に合うっていうことですね。

 

年末は、やることが多いので年賀状をアプリで頼んで、ちょっと、時短になったかな~と、思います(#^.^#)