くもりーBlog's

プチ節約で貯金体質になりましょう。暮らしのお金と、暮らしのおすすめなことを雑記で書いてます。

お世話になった小学校が神対応でした。引きこもりの前に出来ること。

こんにちは、くもりーです。昨日のリライトになります。 

最近、切に思います。

川崎殺傷事件。元農水事務次官による 息子の刺殺事件。

事件がおきてから、支援が必要ってパターン化しているような・・・

東京に引っ越す前に、お世話になった小学校の対応を踏まえての 、私なりの見解記事になります。

 

学校の教員を増やしてほしい 。後手より先手

事件が起きてから、サポートします。この社会的サポート っていうのはどこでなのしょう。

虐待でもそうです。 後手後手なんですよね。

私が考えるのは、教育現場に、もう少し、頑張って欲しいなとおもうのですよね。

予算を回して、教員を増やしたりする事の方が、先決のような気がします。

すでに孤立してしまってから支援する。というのは 大変だと思うのです。

小学時代、中学時代、高校時代に力強く励ましてくれる先生。そして、生き方を指南してくれる先生、恩師に出会えた人は、また違うと思うからです。

 

 以前お世話になった小学校が神だった

今から10年ぐらい前の小学校の話です。

うちはその頃、北関東に住んでおりまして、その時の小学校の教員人数が、すごく多かったのです。転校してから多かったと気づいたのですけど。

各学年に副担任がおり、その他に生活指導員という先生がおります。

生活指導の先生って、いるにはいると思いますが、この学校では、トラブルがあると、学校が終わってから、

  1. 家庭訪問をして 事情を聞きに来ます。
  2. その後、相手にも家庭訪問をして事情を聞きます。
  3. 後日、その結果を報告に来ます。(家庭訪問)

人数ですが、生活指導員の先生と、担任の二人でいらっしゃるので家に上がってもらって、話せます。

ひとつひとつをきちんと対応できる学校もあるということです。

うちの子も、一度だけ、お世話になりました。とても真摯に受け止めてくださり、後日、報告に来てくれた時は、頭の下がる思いでした。

しかも、内容がはずかしい・・・

(;´Д`)

ただのけんかです。

今思うと、私は子供のいうことを鵜呑みにしていました。どっちもどっちでした。

また、このころは、緊急連絡網があったので相手のお母様からも連絡がありました。

両方の子供も保護者も納得のいく対応でした。

 

現在の教育現場は殺伐としている。

f:id:kumori-pannda:20190605112300p:plain

息子の中学校の修学旅行は、行かない人が結構いるんですよ。

不登校の子もいるとは思うのですが・・・

おふざけ半分で、旅行に行ったら 布団でぐるぐるにすると言ったグループが、いたそうです。

もちろん、言われた子は、修学旅行に行きませんでした。

信じられないのは、先生は知っているけど知らんぷり。

とても実績のある先生です。

部活動の方でいい成績を残しています。伸びる子だけを伸ばす このような傾向が、あるのです。

では、修学旅行に行かなかった子は、先生に何か言われたのでしょうか。

ふざけ半分でも、脅してしまった生徒たちは、先生に何か言われたのでしょうか。

どちらも何も言われてません。

学校に匿名で電話したい気分です。

私は、いじわるされた子には、絶対に高校受験がんばって道をひらいてほしいです

学校で、何か問題があった時に、何が何でも解決しよう!

何が何でも励まそう!という状態ではないのです。

先生のあたりはずれもありますが、根本的に教員不足だとおもいます。

その結果の現実でもあります。

 

川崎殺傷事件、元農水事務次官による刺殺事件

SNS上で、たくさんの意見。もちろんワイドショーでも・・・

死ぬならひとりで発言

もう、いった以上は、ガンガン取り上げられますね。

ワイドショーの議論についても、激論が面白いというところもあるのでしょうね。辛口なコメントが、求められているのかもしれません。

注目です。尾木ママ

一人で自殺してくれ的な発言を止めることと警笛を鳴らしました。

加害者同様の孤立状態の人を、絶望に追い込み、同様の事件の連鎖を生む可能性が高くなからということです。

つまり、現在進行形で悩んでいる人が、連日のテレビの放送で、自殺するなら一人でどうぞ。というのは、傷つけてしまうということです。

教育評論家としての見解ですよね。

ワイドショーで犯人の生い立ちや、こんな性格だった。というものが、クローズアップされる中で尾木ママ発言は、歯止めをかけた形になったのではと思います。

私は、尾木ママみたいな方が、もっと発言してほしいと思いました。

TVで見る機会も多いと思いますが、いいこといっているのですよ。

ただね、おかま?オネエ?この際、気にしないようにしよう。

いいこといっているし、図書館でこの本、思い出したら探してみてね。

なかったら、図書館リクエストをすると、置いてもらえます。

 

尾木ママのいのちの授業(全5巻)

尾木ママのいのちの授業(全5巻)

 

 

というのは、幼少期は、もちろん愛情をそそぎたいですよね。

気持ちが壊れてからのフォローは難しいと思います。

できることなら、子供のうちから心の基礎をつくってあげたいです。

理想論になるかな~~(-"-)ん~ 難しい・・・

 

まとめ 

事件を起こしてしまった犯人の人は、引きこもりだ。ゲームが出てきた。散々ないわれ方していますよね。

今まで励ましてくれる人、指南してくれる人に出会わなかったのでしょうか。

もし、出会ってなかったのだとしたら、悲しいことですよね。

私や私の家族もいつ、どうなるかわからないのが現実であり、支援といっても出来ることがわからなかったりです。

支援とは、誰かが声を出して成立すると思います。

一緒にいる時間の長い学校の先生は、激務といわれていますが、あれっと思った時点で本人に声をかけてほしいし、家庭との連携に時間を作ってほしいと思いました。

学生の時の大人といえば、親か先生なので影響力がありますもんね。

そして、私は模索状態ですが、できることを考えていきたいと思います。