くもりーBlog's

貯金体質をテーマにしてます。建売住宅ですが一括で購入することができました。暮らしのお金と、暮らしのおすすめなことを雑記で書いてます。プチ節約で貯金体質になりましょう(^-^*)

Me too ! 支援団体【Colabo】ジェンダーにまつわる記事①

   f:id:kumori-pannda:20190228094754p:plain

こんにち~は、くもりーです。

女子高校生の支援団体【Colabo】という団体があります。

以前、TVでみていたのですが、一視聴者として

「夜遊びしている、この女子高生。学校は?」

という感じだったことを、はずかしく思いました。

 

新聞の記事で、サヨナラしたい8つの呪縛

という記事がありました。

 

①「声をあげる女性 黙れ」の空気

声を上げることでのバッシングが、ある事実。バッシングは、多かれ

少なかれあり得ることだと思います。

 

しかし、執拗に続くバッシング。声を上げたことで逆に攻撃されてしまうので、怖い。

 

そして、萎縮させて、泣き寝入りに追い込む社会は、おかしいと...

「私達は、黙らない」という、意思を発信するために、会見を開いたそうです。

 

最近ですと、タレントのローラさんの米軍普天間飛行場の辺野古移設中止について、ネット署名への参加呼びかけが、ありました。

 

やはり、バッシングがありました。

 

ローラが、きっかけでホワイトハウスに請願サイト「We The People」の存在を初めて知った人が多いはずですよね。

 

なにか、助けを求めて声を上げたとき、聞いてくれる場所は、近くにありますか。

  

www.kumori-pannda.club

 声を、出しても聞いてもらえなっかた悲しい出来事もありました。

 

例えば、私がブログで正論だけいうのは、簡単なことです。なにか

、活動しているわけでもないから...

 

でも、一人一人の決断が少しずつ未来を変えてくれると思ってます。

 

ぼくたちはなぜ、学校へ行くのか。

 

 
ぼくたちはなぜ、学校へ行くのか。 マララ・ユスフザイさんの国連演説から考える [ 石井光太 ]

 

この本は、貧しさ、いじめをなくすのは、簡単なことではない。と書いてます。

 

また、戦争はいけない。というだけでは、なくならないと。

 

世界で貧しい地域、紛争地の子供たちは、夢を見ることしかできない。いつか、誰かが助けてくれると...

 

でも、それは、叶うことはない。

 

変えられるとしたら、教育。だから、学校へ行く。

 

格差によって、生まれながらどうにもならない現実。かえることは、可能なのか?

今は、無理なのでしょう。事件、いじめによる自殺...

 

だから、社会を変えるべく立ち上がっている支援団体があることを、皆さんに知っていただきたいとおもいました。

 

 サヨナラしたい8つの呪縛の記事は、シリーズなので見逃さないようにしたいです。

 

colabo-official.net

 


twitter.com

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。